cl_k1_sub_lifeproject_trip_japan_201609

国内旅行_47都道府県全県制覇

初めに

20169月末月現在



20169月末現在、47都道府県全県制覇を目指している。後は埼玉県だけ。別府にもいって、WIFEの記念写真をとればこのプロジェクトは完了。次の励みは三大シリーズをフォローする予定ある。目的は、日々地道な生活が基本だが、夢・目標をもって励みにすること。将来に備えて楽しい思い出をつくること。たのしい老後はいかに多くの思い出をもつかできまといわれている。

201611月現在



108日からのフルムーングリーンパス12日間旅行で、埼玉県をカバーした。大宮の名前の由縁となった氷川さまと呼ばれる氷川神社をたずねた。その後長瀞温泉にもとまった。そして、WIFEの記念写真がなかった別府にもいった。地獄めぐりもして、今度はしっかりと記念写真をとった。

次は三大シリーズといこう。三大のつくところを30カバーしようと考えている。3×30で約100か所の名所、旧跡を目指すことになる。すでにおとずれたところに三大のところがあれば、その中の未訪問地を増やそう。47都道府県制覇の時も、馴染みにある人にあうことを重点に旅行計画を組んだが、元気があるうちはそれでいきたい。「会いたい人、会ってくれる人」がいるうちは、多少強行軍でも知人・友人との接点を優先しよう。

まずは、とりあえず日本三大を30選んでみよう。そのページを作ってしまおう。知的好奇心を働かせながらどんなピックアップしよう。すでに訪問すみのところには、記念写真をいれる。まだのところはインターネットから適当な画像をダウンロードしていれよう。それから、攻め方の作戦を考える。その地に「会いたい人、あってくださる人」がいれば、その地を優先して旅行プランを考える。

47都道府県制覇_201610月完了

2016年9月現在



10月に埼玉県旅行を予定した。まずは沼津にいく。沼津から熊谷へ。熊谷から秩父鉄道に乗って長瀞温泉にいく。宿も予約した。川越散歩は別の機会にしよう。沼津からの日帰りバス旅行で川越をカバーするのもある。

それから別府の杉乃井ホテルも予約している。別府にはWIFEと一緒にいって、温泉地獄めぐりもした。なのに、その時の記念写真が残っていない。今回しっかりWIFEの写った記念写真をとれば、「47都道府県全県制覇」は完了である。

次は三大シリーズで国内旅行を楽しんでいきたい。

201610月現在



10月のフルムーングリーンパス旅行を終えた。沼津にいく前に大宮までいって、大宮の名前の由来である氷川神社を訪問。日本一長い参道もあるいた。長瀞の川下りもやった。別府温泉にもいって、有名な杉乃井ホテルにとまり地獄めぐりもした。このプロジェクト完成。次は、3大シリーズで追求しよう。

手近な豊川稲荷にいって日本三大稲荷から手をつけていこうと思う。三大稲荷のうち伏見稲荷にはいった。後は豊川稲荷と、茨城県の笠間稲荷。笠間には是非お会いしたい人がいる。しかも茨城県には結城紬がある。日本三大紬と言われているらしい。大島紬の泥染は以前かった。先般のフルムーン旅行で塩沢にいった。塩沢紬をWIFEがかった。仕立てはこれからである。こうなったら三大紬といわれる結城紬の現地をたずね、WIFEに買ってやりたい。(WIFEはすでに持っていると言っていた)

新潟の直江津ではSAKAご夫妻のお世話になった。高田は日本三大夜桜の1つであるという。来年の桜の時期にこのあたりのホテルがとれるなら予約してしまおうか。近くの上越妙高駅からは、日本三大渓谷の1つである清津狭にいける観光バスがあったはずだ。

3大シリーズ

20169月現在



三大名園は訪問すみ。記念写真もとっている。

三大夜景。函館山、六甲山、稲佐山。WIFEと函館山からの夜景を見た。ツーショットもある。しかし、六甲山はない。だから神戸にいこうと計画し旅行先を増やしていこう。新三大夜景は、山梨、奈良、皿倉山だ。山梨にはいった。でも、フルーツ公園からの夜景はまだだ。是非、行きたい。その時<、現役時代にお世話になったISOさんと会えるといい。この前、メールで「こんどは一杯やりましょう」と声をかけてもらっている。

下呂温泉、草津温泉はいった。後は有馬の湯だ。これはクラブツーリズムのバスツアーでカバーする予定である。

三大瀑布。那智の滝、華厳の滝にはいった。袋田の滝には、私はいったがWIFEは行っていない。その時、水戸の皆さんと旧交を温めたい。

三大名橋。三大中華街、三大砂丘と…三大をキーワードに旅行先をさがしていこう。「会いたい人、会ってくれる人がいるうちに」旅行しよう。

201610月現在



思い切って高田公園近くの高田ターミナルホテルに電話してもらった。幸いにして、20174月6、7日で部屋がとれた。ここを足掛かりに来年前半のフルムーングリーンパス旅行を組立しよう。

日本三大を30ピックアップしよう。それが夢のスタートだ。HPに掲げた三大を見ながら夢をみる。「会いたい人、会ってくださる人」がいるところを優先する。手持ちのカードで地区別メモを作成する。奈良・京都には何があるか。奈良・京都をカバーするとしたら、どんな日程で、どんなルートを選ぶか。融通のきくフルムーングリーンパスでの年前半、年後半の年2回の旅を考えよう。旅行の考え方。フルムーンの楽しみ方を研究しよう。

旅のパートナーはWIFEである。訪問地の薀蓄はスマホHPに掲げていこう。WIFEにも見てもらえる。

最後に



やがては公的年金+貯金取り崩しの質素な生活になる。体がうごくうち、旅行にお金が使えるうちに旅行しよう。楽しい思い出を蓄積していこう。いまは「会いたい人、会ってくれる人がいるうちに」のキャッチフレーズで、非効率であっても人と会うことを優先の旅程を組んでいる。海外旅行を意識した個人年金は70才まで、国内旅行を意識した個人年金は75才まで準備している。

楽しい思い出をしっかり作ろう。HPに予定をアップして準備を楽しもう。現地現物を楽しもう。そして思い出をいつでも見える形にして、思い出を楽しもう。それが充実した楽しい老後になるはずだ。